セブ島移住のきっかけは?うちの奥さんの野望の一つだった!?

こんにちは~家族で移住ライフ「かいぞく」のDADAです。今回はですね、セブ島に移住したきっかけをお話しできたらと思います。簡単に言っちゃうと、

 

「うちの奥さんの野望の一つだった!」

 

というだけのことです笑 それだとわかりにくいので、どうしてそうなったのか、詳しく説明しますね!

 

 

セブ島移住はうちの奥さんの野望の一つだった!

セブ島移住

メルボルンから日本へ帰国したきっかけも、このセブ島移住が一つの理由でした。そのセブ島移住を決めたきっかけは、単純明快…

 

DADA
うちの奥さんが南国に住んでみたかったから笑

 

はい、これだけです。もちろん、DADAも南国の暖かい気候の下でのんびり暮らしてみたい!という想いはあったので、子供たち道連れで、まず日本に帰国し、準備が整った半年後にあたる2017年1月に移住を開始したのです。

では、そもそもどうしてセブ島を選んだかというと…

 

 

セブ島移住を決めた3つのポイント!

南国に住みたいからと言っても、南国はセブ島だけではないですし、ハワイでもバリ島でもよかったわけです。じゃあ、なんでセブ島だったのかということですよね?そこには移住を決めた3つのポイントがあったんです…

 

1. 英語圏で日本から近かった!

まず、フィリピンは英語圏です。DADAの家族は、次男を除いてみんな英語が話せます。なので、英語が通じない国で一から現地の言葉を学ぶよりは、英語圏の方が、圧倒的に暮らしやすいと思ったわけですね。

しかも、フィリピンは英語が話せる人口がとっても多いんです。だから、どこへ行っても英語が通じるのは助かりますよね!

それにセブ島から成田までは、約4~5時間です。今までメルボルンー成田の約10時間に比べたら大したことない飛行時間。それに航空券が安いのも魅力的でした!

 

2. すでにリタイアメントビザを持っていた!

かなり前に、セブ島の物件を購入していたのですが、その物件購入時にリタイアメントビザがマックのバリューセットのように付いていたんです笑

毎年更新する必要はあったけど、このビザがあれば、学校も安く通えるし、長期滞在も普通にできるので、無理なく移住生活をスタートできるのも大きな理由でしたね。

 

3. 子供たちに世の中の現実を見てほしかった!

フィリピンはまだまだ発展途上の国。ちょっと町から外れれば、裸足で歩いている子供もたくさんいるし、ボロボロの洋服を着ている子供もいるし、毎日ご飯を食べられない子供もいる…

今まで住んでいたオーストラリアや日本は恵まれている国。それが当たり前ではなく、住んでいる国、環境によって違うんだ、ということを知ってほしかった。

「君たちは恵まれているんだよー」なんて言いたいわけではなく、自分自身の目で現実を見ることで「思いやりの心」や「人を助ける心」を育んでほしかった…そこにはテレビではわからない現実がありますから…

 

 

セブ島移住を経験してみて思ったこと!

期間は1年半とそこまで長くはなかったけど、やっぱり、「実際に住んでみる」という経験をしてみて良かったな、というのが一番です。

正直、今までセブ滞在中は、

 

  • 外にいると物を取られるんじゃないか、という不安…
  • ちょっと脇道に入ると強盗に遭うんじゃないか、という妄想…
  • ITパークで警官が犯人?に銃を向けて追いかけているのを車の中から目の当たりにするような恐怖…
  • とにかく物事がうまく進まないジレンマ…
  • 度々起こる停電、ネット環境の不安定によるストレス…
  • ハンパない渋滞で子供たちが荒れ狂う車内笑

 

こんな軽~いイライラが常にありました笑

だから、セブから日本へ完全帰国した時は、正直、平和な日本にホッとして、セブに戻りたい、なんて二度と思わないんだろうな…って思ってました。でもね、これが面白いことに、家族みんなが声を揃えて、

 

「セブ島に戻りたいね!」

 

って言ってるんです。なんででしょうね…きっと、毎日が刺激的で衝撃的だったんでしょうね笑

やっぱり、そこには旅行でセブへ行くのとは大きな違いがあるんです。特に、発展途上国みたいな国へ旅行すると、リゾートに滞在することが多いと思うので、

 

「その国のいいとこの寄せ集め」

 

みたいなとこしか見れないんですよね。でも、住んでみるとその国の良いところも悪いところもたくさん目の当たりにします。さっきは、悪いことばかりでしたけど、実際には、

 

セブ島のいいところ!

  • フィリピン人は親日家が多いから友好的な人が多い!
  • 子供にめちゃくちゃ優しい!
  • 週末になるとカラオケで楽しんでいる様子があちらこちらから聞こえてくる!
  • 仕事よりも家族を大事にする人が圧倒的に多い!
  • 大きなイベントの日はみんな仕事を休んで楽しんじゃう笑

 

こんな感じで、フィリピン人の心に触れる機会が多くあるんですね。だから、

 

「また○○に会いにセブに戻りたい!」

 

って、子供たちが滞在中に出会った人にもう一度会いたいことが理由で、セブに戻りたいって言っています。確かに一般的にみたら生活は貧しいかもしれないけど、

 

「心はとっても豊か」

 

だと思います。きっと仕事に毎日振り回されている日本人なんかより、幸せなんだろうな…って思うこともあります。

 

DADA

そんな「現地の人の優しさや思いやりの心に触れ合える」のが《住んでみることの最大のメリット》ですね!

国によって文化も生活習慣も人柄も違います。だから、もっともっと移住することで、色々な国の文化や人と触れ合い、「自分磨き=人間力」をアップしていきたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です