爆走動画あり!ボホール島チョコレートヒルズのATVバギー完全攻略ガイド

こんにちは~家族で移住ライフ「かいぞく」のDADAです。

セブ島の観光ってジンベイザメぐらいで意外と少ないんですよね。どちらかというとリゾートホテルでゆっくりのイメージがあります。でも、じつはセブ島からフェリーで約2時間でボホール島というところに行けるんです!しかも日帰りで!

このボホール島にはいろいろなアクティビティができるのですが、その中でもATVバギーでチョコレートヒルズの麓を走り抜けるツアーがあるんです!これが実は、超絶おもしろい!

なので、今回は、ATVバギーツアーの概要はもちろん、どうせなら観光ツアーではなくボホール島まで自力で行って欲しいので、誰でも自力で行けるようにわかりやすく説明したいと思います!

 

 

【爆走動画】子供たちもチョコレートヒルズでATVバギーを運転!こりゃぁ楽しいわ!

 

DADA
実際のATVバギーの様子を動画にしてみました!子供たちも自分で運転できるので、超楽しかったみたいです!ツアーガイドをしてくれてるフィリピン人がバイクに乗りながら動画を撮っているんですけど、とっても上手笑

 

 

チョコレートヒルズの麓をATVバギーで周遊ツアー!

ボホール島 チョコレートヒルズ

じつは、このATVバギーのツアーって、ボホール島で車をチャーターしたときに、ガイドのおじさんが「チョコレートヒルズの麓でバギーが乗れるよ!」って教えてくれたんです。子供でも運転しても大丈夫ということで、ガイドのおじさんの言われるがままに連れて行ってもらいました!

動画を観てもらうとわかりますが、4歳の次男にはちょっとムリでしたけど、ただハンドルに付いてるアクセルとブレーキの操作だけなので8歳の長男でも普通に運転できましたよ!家族連れでも意外にチャレンジできるアクティビティです!

 

ちなみに、ATVバギーって何?
全地形対応車(ぜんちけいたいおうしゃ、英: All Terrain Vehicle、略:ATV)は、不整地を含む様々な地形を進むことのできる原動機付きの車両である

引用:Wikipedia

 

ATVバギーをレンタルできるとこは?

チョコレートヒルズ ATVバギー

正直、もともとのプランになかったので、どこのATVバギーに連れて行ってもらったかはあんまり覚えてないんですけど、きっと「Sotera’s ATV Rides」だと思います笑 ただ、Googleの評判をチェックしてみると、どこも問題なく楽しめてるみたいですが、「Chocolate Hills ATV Rental」と「Buenos Aires ATV Ride」のバギーの故障率はかなり高そうなので要注意…汗

フィリピン人の繋がりはスゴイのでお願いしたガイドさんの知り合いとかのお店になるはずだから、そのヤバそうなお店の名前だけは覚えておいてた方がいいかも。

 

《Sotera’s ATV Rides》


(Google翻訳)ATVを通してとても楽しい経験をすることができました!とても面白かったのですが、私たちがレンタルしていたATVのうち、1台のエンジンがオフになっていましたが、結果的には、家族と素晴らしい時間を過ごすことができました!

 

《Nicole’s Souvenirs & ATV Rental》

1Hやりました。900ペソでした。村の入村料で1人80ペソ別途支払わなければなりません。道が凸凹してて、最初すごく怖かったですが、ガイドしてくれた青年が、親切に様子を見ながら案内してくれました。

 

《Graham ATV Rental》

阪口さん
1人900ペソで1時間レンタルでき、インストラクターがつきます。写真も要所要所で撮影してくれます。雨の影響ですごい悪路を走るのは最高の体験でした。ジップラインが出来なかったのも吹っ飛びました(笑)

アワーメーターも大して進んでない新車に乗れたので、加速もスムーズでなかなか面白いです。フィリピン式の煽り運転を楽しめます(笑)チョコレートヒルズの山に登っての記念撮影もでき、ネタ写真まで撮ってくれます。これは一度行く価値があるアクティビティ-だと思います。

 

《Buenos Aires ATV Ride》

Viktoriaさん
(Google翻訳)チョコレートヒルズの中に連れて行ってくれると思って、このライドに行きました。でも、実際はそうではありません。それは山から離れて、円で囲まれた小さなエリアで回っています。その上、私のATVは常に停止し、私のガイドのATVは絶えずチェーンが外れていました。この経験にお金の価値はありません。

 

《Chocolate Hills ATV Rental》

(Google翻訳)定期的に誤動作し、安全に機能しないATVを提供しているため、この会社を信頼しません。私が与えられた最初のATVにはブレーキがなかったため、メインストアの横のパークアップエリアにいる別のATVの背面に衝突しました…

 

《Kaojong ATV Rental》

DADA
口コミはありませんでした…

 

ATVバギーの費用は?

ボホール島 ATVバギー

ATVバギーの費用は、1人乗り、2人乗り用があったり、時間も30分とか1時間とか選択肢がいくつかあって、1時間のツアーだとチョコレートヒルズの奥の方まで行けるらしく、30分のツアーだとその道中で引き返してくる感じの話だったと思います。DADA家ではせっかくなので1時間ツアーにし、1人乗り用2台、次男のために2人乗り用を1台で計3台借りることにしました。

 

かかった費用

1人乗り 1時間 1000ペソ(約2200円)
2人乗り 1時間 1500ペソ(約3200円)
合計 3500ペソ(約7400円)

 

ATVバギーの費用はこんな感じだったと思います。お店によっては多少の違いはあるかも。で、30分のツアーにする場合は、この半分の金額と思ってもらえれば大丈夫ですね。

 

ATVバギーツアーの内容は?

チョコレートヒルズ

ATVバギーツアーの内容は、チョコレートヒルズの麓をガイドさんについていきながら、とにかく田舎道をガンガン進んでいく感じです。チョコレートヒルズの麓は景色も壮大でなかなか気持ちいいですよ!その途中で写真スポットがあり、そこでガイドさんがおもしろ写真やらトリック写真やらを撮ってくれたり、なかなかサービス精神旺盛です!

 

子供たちは、途中で1人乗り用から2人乗り用に乗り換えたりしながら、ホント楽しんでました!スピード感もあり、天気も良かったのでかなり快適でしたね。ただ、1箇所、雨のせいでドロドロのとこがあったんですけど、これ、雨が降った次の日とかだと、泥まみれになるのを覚悟した方がいいかも汗 道路の起伏が多少あるので、そこに水が溜まっちゃうみたいですね…

 

あと、記事の最初にあった動画は、このガイドさんが全部撮ってくれたので、ライブ感のあるいい思い出がたくさん残すことができました!ガイドさんに携帯を預けておくと、いろいろな場面で写真や動画を撮ってくれるので安心して預けちゃってください!

 

 

ボホール島には自力で簡単に行ける!フェリーでの行き方を紹介します!

ボホール島には、飛行機でも行けるのですが、片道約2時間の道のりとそこまで遠くないのでフェリーで行くことをオススメします!ただ、そのフェリーのチケットの購入方法とか、フェリーを乗る港までの行き方とか、わからないこともあると思うので、自力で行くための方法を紹介しますね!

ただ、フェリーの行き先は「トゥビゴン港(Tubigon)」と「タグビララン港(Tagbilaran)」と2つあるのですが、ここではメインの「タグビララン港(Tagbilaran)」での説明をしますね。というのも、そもそも「トゥビゴン港(Tubigon)」行きのフェリーは本数も少なく時間の調整など融通が効かないので日帰りで行くとなると大変ですからね。

 

チケットを購入するには、この方法がベスト!

フェリーのチケットを購入する方法は3つあります。

  • フェリー会社のHPから購入する方法
  • 当日、港で購入する方法
  • 旅行代理店で購入する方法

 

で、今の時代、普通ならフェリー会社のHPから購入する方法が簡単で便利そうですが、DADAがオススメする購入方法は、間違いなく「旅行代理店で購入する方法」です。というのも、フェリー会社のHP…そもそも稼働してません…HPに行ってもクリックできなかったり、曜日が選べなかったり、画像がうまく表示されなかったり、正直、購入までたどり着けません汗

それに、当日チケットを購入するのも、売り切れている可能性があるのでオススメできません。ボホール島には普通に住んでいる方も多く、セブとボホールの行き来はこのフェリーなので、時間帯、曜日によっては、売り切りの場合もあるからです。

なので、基本、フェリーのチケット購入方法は一択です!ショッピングモール内には旅行代理店がたくさんあるので、そこでチケットを購入してみてください。セブピア1(Pier1)とタグビララン港(Tagbilaran)の往復チケットを購入すれば安心ですね。

ちなみに、アヤラモールならば、メトロがあるエリアの3階から、さらに4階へと行けるエスカレーターがあって、その4階には保険屋とか旅行代理店が並んでいるので、そこでチケットの購入をお願いしてみてください。

 

あと、フェリー会社もいくつかあるのですが、日帰りで往復チケットを購入するならこちらも「オーシャンジェット(Ocean Jet)」一択ですね!というのも、他のフェリー会社は1日6便と少なかったり、トゥビゴン港(Tubigon)行きのみだったりと使い勝手が悪いんです。

1日に運行している本数が16便と一番多い「オーシャンジェット(Ocean Jet)」は、他よりも少し高いですけど、ビジネスクラスなら映画も観れて冷房付き、席も快適ですからオススメです。

ちなみに、ビジネスクラスの他には、ツーリスト席、オープンエア席があって、オープンエア席は確かに安いんですけど、吹きっさらしの冷房なし&海風バンバン浴びる感じのちょっとボロい席なので要注意…

 

オーシャンジェット(Ocean Jet)の時刻表&価格【2020年度】

セブ ピア1(Pier1)→ タグビララン港 タグビララン港 → セブ ピア1(Pier1)
5:10 5:10
6:00 6:00
7:00 7:05
7:30 8:20
8:00 9:20
8:20 10:40
9:20 11:40
10:40 13:00
11:40 14:00
13:00 14:40
14:00 15:20
15:20 16:00
16:20 16:20
17:00 17:00
17:40 17:40
18:40 18:30
オーシャンジェット(Ocean Jet)の価格

  • オープンエア席 500ペソ(約1100円)
  • ツーリストクラス席 500ペソ(約1100円)
  • ビジネスクラス席 1000ペソ(約2200円)
チケット購入方法まとめ

  • シッピングモールなどで旅行代理店で購入する
  • フェリーはオーシャンジェット(Ocean Jet)
  • 席はビジネスクラス(片道1000ペソ)が快適でオススメ

 

 

セブの港「ピア1(Pier1)」までの行き方は?

セブの港「ピア1(Pier1)」は、観光で有名な「サン・ペドロ要塞」のすぐ近くに位置しています。意外とどこからも少し距離があるのでタクシーがオススメです。「ピア1に行きたい!」って言えば普通に通じると思いますよ!

 

ちなみに、アヤラモールからだとこんな感じ。時間帯にもよりますけど、渋滞するところを通るので、少なくとも30分は余裕を持っておいた方がいいと思いますよ!

 

で、リゾートホテルに宿泊していたり、空港から直接ピア1まで行くとなるとお隣のマクタン島からになります。画像だと46分ってなってますけど、1時間はみた方がいいと思います…特に、島と島を結んでいる橋が渋滞するんですよね…

朝早い時間帯ならスイスイ行くと思いますけど、例えば、平日の9時とかにフェリーの予約をしてしまうと、朝の通勤時間帯にぶつかるので、1時間じゃムリかな汗 正直、セブの渋滞はヒドイので想像つきません笑 なので、マクタン島からピアに向かう場合は、日帰りなら朝早いフェリーにするのがオススメです!

 

セブの港「ピア1(Pier1)」に着いたら?

セブ pier1
当日、Pier1には出発時刻の30分前には着いてるように計画しておきましょう。ホント、セブの渋滞は事故とか火事とかで想像もできないほど時間がかかることもあるので汗 あと、念のためパスポートは持参してくださいね。SRRVなどのIDカードを持っているならそれで大丈夫です。

 

Pier1に着いたら荷物検査をします。空港と同じ要領ですね。

 

で、チケットを購入したフェリー会社の窓口に行き、チェックインを済ませれば席番号が書かれたチケットをもらえますので、どのゲートから出港するのか確認もしておきましょう!

 

待機場所には、マッサージ、カフェ、軽食もできるので、空いている時間に食事は済ませた方がいいかも。フェリーの中では何も購入できないですし、ボホール島に着いたらすぐ車をチャーターして出発になるので、意外と食事するチャンスを見逃す可能性も!

 

 

ボホール島へ到着したら、呼び込みがたくさん!

ボホール島へ到着したら、すでにツアーに申し込んでいるなら、ツアーガイドの人が立っていると思いますけど、DADA家のように何も決めてこなかった人には、たくさんの呼び込みが近寄ってきます…ただ、ビビらずに話を聞いてあげましょう笑

正直、ボホール島は意外と広いので、自力で回るにはかなり大変です…バイクをレンタルすることもできますけど、長い距離を運転することになりますし、観光客の交通事故も増えてるようなのでオススメできません…なので、車をチャーターすることでかなり快適に、しかも自由度も高いのでオススメですよ!呼び込みの人には、ちゃんと自分たちの要望を伝え、価格を交渉してみてください。

伝えるべき要望

  • どこへ行きたいのか
  • 帰りのフェリーは何時か
  • どのタイプの車に乗りたいか

 

こんな感じのことを伝えれば、交渉しやすいと思いますよ。ちなみに、DADA家の場合は、

 

DADA
  • 行きたい場所「ターシャ、チョコレートヒルズ」
  • 1泊するのでフェリーの時間は関係なし
  • DADA家4人+日本から来た友人の計5人だから広めのVANがいい!

 

なので、最初、呼び込みの人に普通車を勧められたのですが、さすがに5人だと車内が狭く、車に乗っている時間も長いので、

 

DADA
広めのVANのタイプに変えて!価格は普通車と同じ値段で!

 

とお願いすると交渉成立!確か2500ペソだったと思います。ただ、2500ペソ(約5300円)といっても5人でこの値段なので、かなり安いですよね!しかも、1日ツアーしてくれますからね!ツアーが良かったらチップもあげてくださいね!

 

価格の交渉はほどほどに…

自分に置き換えてもらえばわかると思いますが、安くされたら、その分、早く終わらせたくなりますよね?そうすると、サービスが悪くなったり、スピードを出したりして交通事故のリスクも増すので、相場は3000ペソぐらいと覚えておいてくださいね!

 

で、帰りのフェリーの時間だけはちゃんとドライバーさんに伝えておきましょう!ボホール島ではあまり渋滞することはないと思いますけど、フェリーに乗り遅れると大変なことになるので、気をつけましょう!

帰りのタグビララン港(Tagbilaran)でも、やることは一緒なので、特に問題はないと思います。中には小さな売店もありますしね。ちなみに、DADA家はセブに戻る時間を考えると夕飯を取るのが大変そうだったので、タグビララン港からちょっと離れた街で降ろしてもらって、そこで先に食事を済ませてからトライシクルに乗って港まで戻りました。こういうちょっとしたアドベンチャーが楽しいですよね笑

 

 

大変なのはセブの港に戻ってからだった!?

日帰りツアーだと、セブの港に戻ってくるのは19時とか20時ぐらいになるはず…そうすると大変なのが、港でタクシーをつかまえることなんです…しかも、これが週末ならさらに最悪…港の出口付近は、

 

DADA
ものすんご~~~~~~い人混み…

 

どう考えても港でタクシーをつかまえる自信がなかったので、「サン・ペドロ要塞」の方まで少し歩いて行ったのですが、今度、そこではぼったくりの価格でのしつこい呼び込みがたくさん…Grabで探しても時間がかかるし、雨は降ってるし、疲れているし、呼び込みはしつこいし…ホント最悪…

結局、近くにトンネルがあるのですが、その入り口付近まで歩いてようやくタクシーをつかまえ帰宅の途につきました…なので、港についてからスムーズに帰るためにも、到着時間はだいたいわかるので、その時間に合わせてGrabを予約しておくのがベストですね!

 

 

まとめ

ボホール島 バギー

ボホール島にはいろいろなアクティビティがあるんですけど、子供たちもセブにまたいく機会があれば、

 

息子たち
ボホール島まで行ってこのバギーに乗りたい!

 

っていうほど楽しかったみたいなので、このATVバギーだけは超絶オススメです笑

ここでは、ATVバギーを中心に紹介しましたけど、ボホール島の海はセブと比較してもかなりキレイなので、1泊して海に潜ってみるのもいいと思いますし、アローナビーチを夜歩いたりすると、ファイヤーショーをやっていたり、屋台がたくさん出ていたり、日帰りではなくゆっくり周ってみても楽しいと思いますよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です